GNSS(GPS)測量

GPS測量とは、Global Positioning Syistemの略で、

米国国務省が開発した軍事衛星の電波を受信して、

地球上のどこでも、経度緯度を測定し、位置等の測量を行う技術です。

最近ではGNSS測量(Global Navigation Satellite System)と

呼ばれ、GPS(アメリカの衛星)及びGLONASS(ロシアの衛星)、

日本のみちびきや欧州のガリレオ、中国のコンパス等の

全地球航法衛星システムを用いて位置を特定している。

 

具体的には、カーナビゲーションや携帯電話の位置情報システムなど、

身近にも広く使われています。

※GNSSの測位方法の種類

 

RTK-GNSSとは、測りたい移動局(観測点)の他に

位置のわかっている基準局を必要とする測位方式で、

位置情報をリアルタイムに算定し移動局の測位を行います。

精度は水平2~3cm、鉛直3~4cm程度となります。

 ネットワーク型RTK-GNSS(VRS,FKP)は、

位置情報サービス事業者が国土地理院の基準点から求めた

補正データ(位相差)を通信回線から受信し測位を行う方式で、

精度は若干落ちますが基準局の設置が不要となり、

今後の活用が期待されております。

 RTK-GNSSは、衛星数が多いほうが精度が良くなり、

谷間より上空が開けている方が良くなります。

アメリカのGPSだけでなく、ロシアのGLONASS等も

使えることが有利となりますがネットワーク型では

GPSのみの観測となります。

RTK-GNSS測位方式
図 RTK-GNSS測位方式
ネットワーク型RTK-GNSS測位方式
図 ネットワーク型RTK-GNSS測位方式