UAV測量(ドローン)

ドローン等のUAVに搭載されたデジタルカメラで、
連続して写真を撮影する。
その写真をSfM(Structure from Motion)ソフトに
読み込み、解析する。
するとオルソ画像や3D点群データなどを作成出来ます。
3D点群データは点の数が膨大で何千万点を超える事もあり、
解析には高性能のパソコンでの作業が必要となる。
そのデータを元に横断測量、縦断測量を社内で行う事が出来る。
現場での作業は標点設置と空撮だけのため、
光波による測量や3Dレーザースキャナによる
3次元測量に比べ、 現場作業時間が非常に短いことが特徴です。

UAV(ドローン)による航空写真測量

※ 法律によりドローンの飛行が禁止されているエリアや、              天候(強い雨、風、雪)などの理由から、
計測を実施できない場合があります。