流量観測

1.低水流量観測
一般に、河川の流量は直接計測することができないため、河川の流速を計測し、それに横断面積を乗じて流量を算出する。低水流量観測とは、河川の平常時の流量を観測することである。観測機器としては、電磁流速計が用いられることが多い。観測値は、計画等の基礎資料として用いられる。

2.水深測線
低水流量観測の場合、年間を通して観測を実施するため、水面幅の変動が大きく、測線配置(測線間隔)は、観測毎に変化するため、観測時に決定する。
水深測線とは、水面幅に応じて設定された測線分割の区画線をいい、流速測線も含めた測線のことである。水深測線の本数は、流速測線の2倍となる。

3.流速測線
低水流量観測の場合、年間を通して観測を実施するため、水面幅の変動が大きく、測線配置(測線間隔)は、観測毎に変化するため、観測時に決定する。
流速測線とは、水深測線(測線)のうち、流速を計測する測線のことであり、全水深測線(測線)数の1/2の本数となる。

4.プライス式流速計
プライス式流速計とは、6個の円すい状のカップが、流れにより水平方向に回転し流速を計測する。回転数に比例して音を発生させ、金属管を通じて耳で直接聞き取る聴音式と、電気的にブザーを鳴らし回転数を知らせる電音式とがある。電音式が一般に使われている。
カップが多少ゆがんでも、回転数と流速の関係を示す検定式がほとんど変わらない,流れに対し水平面内に角度のずれが生じても大きな流速測定誤差を生じない利点を持つ。