技術紹介 Technical Expertise

一般測量とは器械を用いて地球上の任意の地点の位置や方向、

及びこれらを元に土地の広さや地形図等を作成できる。

最新の器械を用いての測量としては、3Dレーザースキャン

UAV測量(ドローン)、GPS測量、電子平板等がある。

様々な用途に応じて器械を使いわけたり、複数の器械を使用し、

座標データとして統合して使用する事もできる。

 

流量観測では河川の状況を調査し、土砂の堆積や流水方向等を調査する。

地面の下の管路の布設状況を調査する地中レーダー探査では、

地面を掘削せずに調査でき簡易に地下の調査が行える。

 

橋梁に添架している管路調査では現地の管路の布設状況に応じて、

様々な方法で管路の簡易的な調査を行い、修繕工事が必要な箇所を

抽出し設備事故が起こる様な状況にならない様に努めている。